益子陶器市

三連休初日、栃木県の益子で開かれている陶器市に行ってきました。
普段は雑貨屋さんや通販で器を買っているので、陶器市に行くのは初めて!
たくさん買い物をしてきたので、ご紹介します。


コロっとした姿のどんぶり。
口が広がっていないので、小さい丼ものを盛ったらとても柔らかい雰囲気に
なりそう!
薬味が映えそうなキナリ色の器です。

素人目には分かりませんがB級品扱いということで、2000円でゆずってもらえました。
煮物やアサリの酒蒸しを盛り付けたら見栄えがしそう。
二人分の副菜にぴったりの大きさです。

ひとつ上の器と同じ作家さん、清野学さんの作品をもうひとつ。
四角いお皿ですがとても柔らかい雰囲気で、和食洋食選ばずに使えそうです。
清野さんの器は、全体的に優しい雰囲気のものが多くて可愛かったなあ
原 泰弘さんのオーバルプレート

作家さん自身はすり鉢などを専門にしていて、これは奥様が作ったプレートなのだそう。
ピチッとしたオーバル型でなく、縁のラインが少し遊んでいるのがとても気に入りました。
齋藤陸さん 古真舎の平皿

平らなプレートなので、お刺身やカルパッチョなどいろいろな用途に使えそうです。
前菜盛り合わせとか、やってみようかな。
とても味のある質感なので、お料理を少なく盛ってお皿を見せて使うのも素敵だと思いますー

ぽてっとした徳利。
今回、徳利はひとつ見つけてこようねとケイタと話していて、ふたりとも気に入ったのがこちら。
同じ作家さんの、大きめのどんぶりも買いました。


これはラーメン、うどん用かな♪
ふたりともよくお酒を飲むので、酒器もいくつか買ってきました。


これらは啓太がぴんときて選んでくれたもの!冬はこれで日本酒を飲むのが楽しみです^^